不眠・睡眠不足

不眠・睡眠不足

こんな症状でお悩みではありませんか?

不眠・睡眠しょうがいについて

■不眠症(睡眠障害)とは・・・

 不眠症とは、寝つきが悪い、途中で起きてしまう、眠りが浅く寝た感じがしないなどの症状が続き、日中に眠気に襲われ、集中力の低下や欠如・疲れや体調不良が起こる状態を指します。

日本では5人に1人が不眠症(睡眠障害)に悩んでいると言われています。
小児期~青年期よりも20歳以降に発症する人が多いというデータがあります。

 

不眠症の4つのタイプ

 

入眠困難⇒床について30分以上眠れない
中途覚醒⇒一旦眠りについても、翌朝起床までに何度も目が覚める
早朝覚醒⇒起床予定の時間より2時間以上早く目が覚めその後眠れない
熟眠障害⇒眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じがない

 

■世界でも短い日本の睡眠時間

厚生労働省が実施している「国民栄養・健康調査」によると、1日の平均睡眠時間「6時間未満」 という人が、2007年には28.4%だったのが2015年には40%近くになっています。

経済協力開発機構(OECD)が2014年に行った調査によると、日本人の1日の平均睡眠時間は7時間43分で先進国の中でも韓国に次いで2番目に短いという結果が出ています。

1日平均7~8時間の睡眠をとっている人は統計データにおいて、

  • 最も寿命が長い
  • 生活習慣病の罹患率が低い
  • 体型の変化が少ない

という結果が出ています。

 

 

■不眠症(睡眠障害)による生活習慣病のリスク

生活習慣病患者では不眠症の方が多いことが知られています。
その後の多くの研究によって、睡眠障害が生活習慣病の罹患リスクを高め症状を悪化させることやその発症メカニズムが明らかになりつつあります。

不眠症が続くことで

「交感神経の緊張」→筋肉のが硬くなる

「糖質コルチコイド(血糖値を上げる)の過剰分泌」→精神的にも安定せず、交感神経が緊張する

「睡眠時間の短縮」→回復時間の減少

「うつ状態による活動性の低下」→生活の質の低下

など多くの生活習慣病リスクを抱えています。

入眠困難や中途覚醒・早朝覚醒など不眠症状のある人では良眠している人に比べ糖尿病になるリスクが1.5~2倍になることが知られています。
その結果として5~10年後には、高血圧・心不全・虚血性心疾患・脳血管障害などに罹りやすくなります。

 

 

不眠症(睡眠障害)の原因

①心理的ストレス
仕事の問題、身内の不幸、人間関係、不安感

②身体的ストレス
ケガ、体の歪み、蕁麻疹等のアレルギー、筋肉の緊張(交感神経)

③薬理学的原因
薬、アルコール、たばこ、カフェイン等の摂取

④環境的な原因
時差ボケ、室温や湿度

 

■睡眠のメリット:睡眠の効力は、薬を凌ぐ!?

  • 脳と体の疲れを取る
  • 病気予防&免疫力UP
  • 集中力や学習能力の脳機能のUP
  • ストレス緩和
  • 体の成長と老化防止(成長ホルモン)
  • 自律神経のバランスを保つ

 

■当院での症状に対するアプローチ

はま鍼灸整骨院では、このような症状を「筋肉の異常な緊張・筋力低下」と「骨格(頸椎・胸椎・腰椎・骨盤)の歪みなどの姿勢不良」そして、「内臓負担(栄養状態)」の三本柱が崩れているのだと考えています。

当院ではまず、症状の出ている部分の不調を取り除く施術を行います。

そのうえで、骨盤の歪みや姿勢が原因である場合は、「骨盤矯正」や「全身バランスを整える矯正」を、ヒアリングによって足りないもしくは過剰な食生活などがあれば指導をなどを提案いたします。

骨格が正常な位置に戻り、内面から整うと、「筋肉の緊張や筋力低下」「正常な状態に戻る回復力」が出来ます。

筋肉の柔軟性や筋力が戻って、体の細胞も正しい働きができるようになると、再発を繰り返さない身体へと変化していくでしょう。

 

さらに、根本的な原因を徹底的に見つけ出し、その症状を庇ったことにより現れてしまった他の部位の痛みも合わせて施術していきます。

 

もしあなたがお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。