バネ指 弾発指

お問い合わせはこちら

バネ指 弾発指

こんな症状でお悩みではありませんか?

養父市・豊岡市・朝来市の【バネ指・弾発指】ならはま鍼灸整骨院へ!!

バネ指・弾発指

バネ指

豊岡市・養父市・朝来市からバネ指・弾発指で多数来院

バネ指・弾発指

■バネ指・弾発指はどうして起こるの?

バネ指・弾発指になると、指を曲げる際に、「パキッ」「カクッ」などの音や違和感を感じます。

 人によって痛みやしびれを感じる人がいると思います。

最近ではスマホの触りすぎによって痛みが出る人が増えてきています。

バネ指・弾発指とは

指を動かす筋肉は(腱)は腱鞘という鞘(トンネル)の中を通っているのですが、通常は摩擦がなく、指をスムーズに動かすことができます。


しかし、この部分に何らかの炎症が起きて、腫れてしまうと、腱鞘の動きが悪くなってしまい、
摩擦が起こります、その時に痛みや、「カクっ」と音や違和感を感じます。

その際、指の曲げ伸ばしがスムーズに行えず、指が「カクっ」となるばね現象、もしくは弾の様にはじくため、バネ指・弾発指といわれます。
バネ指・弾発指一番の原因は、姿勢不良⇒骨盤のずれによるものです。


 姿勢が悪いままパソコンなど指をよく使う仕事やスポーツ・手芸(編み物、裁縫など)など
趣味を持つ人などに多いです。


 また、姿勢が崩れると頚部から出ている神経が筋肉により圧迫、肩甲骨についている筋肉の緊張でも圧迫され指の腱 腱鞘の滑走不全により指の動きが悪くなりだんだんとバネ指のなります。

そのほかにも、妊娠中や出産後のホルモンバランスの変化、加齢による筋力の低下・骨粗しょう症、糖尿病、人工透析など身体が構造的に弱くなる時期や病気の場合には、『腱鞘』や『腱』が傷つきやすい症状が出やすくなります。

■バネ指・弾発指の主な原因は指の使いすぎと肩甲骨の固さ

さて、なぜバネ指になるのかというと、使いすぎてしまう事以外に重要なことがあります。それが、肩甲骨です。

パターン①肩甲骨が固くて、手先だけを使って痛める

肩甲骨の動きが固い人、凝っている人、猫背の人は、本来使える力を使わずにいます。

本当は使える力を使わずに、仕事を全て指に丸投げしているので、指が壊れてしまうのです。

 

パターン②骨盤が歪み⇒肩甲骨が固くなり⇒手先だけを使って痛める

この②のパターンの人が隠れて多い人です。

そんなに普段から手を使うわけでない、今までとずっと同じ仕事をしていたのに、最近痛くなってきた、産後から痛くなってきた、

こういう人の多くは、手が問題だけでなく、肩・骨盤まで、深くに問題が隠れていることが多いです。

説明しても、「痛いのは手なんだけどなぁ」と不思議な顔をされる方もいますが、

断言します、「手だけ触っていても治りません」

事実、歪みをとってから手を触る方が治りが早く、素直に治ります。

 

ただ、逆の立場だったらその気持ちもわかるので、骨盤を治した時の肩の痛さ、手の痛さを比べながら治すと、納得して頂けることが多いです。

 

はま鍼灸整骨院では、痛い所だけに目を配らず、根本からしっかりと治していきます。