オスグッド

オスグッド・成長痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

オスグッド・成長痛

成長していたいのは当たり前じゃない!!

腱鞘炎

豊岡市・養父市・朝来市から多数来院

その腰痛・坐骨神経痛はどこからくるの?

■オスグッド・成長痛とは?

オスグッドとは、一般に成長痛とも言われます。

オスグッドは小学生から高校生までの成長期の学生の方によく起こる膝の怪我です。

サッカーやバスケ、バレーなどジャンプやダッシュで膝に強い負担がかかるスポーツをされている方によく起きます。

子供が痛がっている様子を見ていると、

「このままスポーツを続けさせても大丈夫なのか」

「スポーツをやめさせないといけないのでは」


と心配なご両親もいると思います。

 

■オスグッドって治るの?

オスグッドは走ったり、ジャンプしたりで膝の曲げ伸ばしが繰り返されると、

太もも前の筋肉「大腿四頭筋」のけん引力膝の骨「脛骨粗面」に強力な負荷がかかります。

 その負荷は、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」に疲労が蓄積して、筋肉の血流が悪くなり、筋肉が硬くなってしまいます。

その硬くなった「大腿四頭筋」は脛骨粗面に付着しており、付着部を強力に引っ張られることにより、痛みが出ます。

この引っ張られ続けられた場合、骨の成長と共に、引っ張られている付着部が変形し、突出したようになります。

将来的にこの変形が悪さをすることはあまりないですが、正座の時にあたりやすくなることくらいはあるかもです。

変形してしまったものに関しては治ることはないですが、痛みのない状態にするように治すことはできます。

痛みのない状態というのは、負荷がかかっていない状態なので、骨の変形を防ぐことも出来ますし、もちろん運動をし続ける事も可能です。

 

■どうやって治すの?

まずは、痛みの原因となっている「大腿四頭筋」に負担を掛けさせている骨格の歪みを調整します。

そして、歪みを調整し、日常生活でも負担のかかりにくい状態にしつつ、大腿四頭筋の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させる治療を行います。

同時に付着部の炎症を引かせるために、特殊電気の治療や鍼灸治療を行います。

その他、テーピングをすることにより患部への負担を和らげる治療を行ないます。

また、日常生活ではストレッチなどを含めて生活動作、コンディショニングをお伝えしながら一緒に治していきます。