脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか?

朝来市・養父市・豊岡市からも【脊柱管狭窄症】で多数来院!!

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

豊岡市・養父市・朝来市から【脊柱管狭窄症】で多数来院

脊柱管狭窄症について

■脊柱管狭窄症はどうして症状が起こるの?

脊柱管狭窄症になると、

腰からお尻、太ももからふくらはぎまで痛みが走ります。そして、足がつりやすくなったり、短い距離でも歩くと痛みが出て歩けなくなります。しかし、少し休むと、歩くことが出来るようになる間歇跛行症状が出てきます。

また、排尿障害は頻尿、夜間尿に始まり、残尿感、失禁へと進行していきます。

 

■脊柱管狭窄症の主な原因は「背骨の中のずれ

脊柱管狭窄症の原因は、首から腰までの背骨(脊椎/せきつい)に、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる脳から体へとつながる神経の通り道があります。

1~2cmの太さを持つホースのような管が、頭から出て首の真ん中を通り、背中から腰まで届いています。そして、そこから枝が生えるように手足への神経が伸びています。
腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管が腰の部分で狭くなる(砂時計のくびれの所のように細くなる)病気です。そのため、腰から下の神経に関連する症状が出てきます。

 

■どうやって治すの?

はま鍼灸整骨院での治し方は、痛い所だけを見て治すわけではありません。

身体全体のバランスを整え、これ以上進行しないように筋力をアップさせ、症状に合わせて、施術を行っていきます。

脊柱管狭窄症を自然治癒で治そうと考える方もいらっしゃるとはおもいます。

しかし、同じ生活環境に身を置いていては、一定の期間我慢していれば自然に治る症状もありますが、脊柱管狭窄症になった場合は、放置していても状態は変わりません。

長期に渡って何も適切なケアを受けずにいると、それだけで痛みが強くなることもあります。

できる限り早めに、その症状に合った適切な施術を受けなければなりません。

はま鍼灸整骨院では、可能な限り短時間で症状を改善できるように心がけています。

そうすることで、それ以上傷つかないため、回復が早くなります。

また、その方にあったストレッチや体操を提案していますので、その通りにしていただければ、自分でもメンテナンス出来ます。

とくに、お仕事や、農業などは、季節に合わせて止める事ができないため、シッカリと自分に合ったサポーターや体操・ストレッチをお伝えしています。

早くなおして、シッカリと自分の生活が維持できるようにしていきましょうね☆