四十肩・肩こり・頭痛

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか?

どうして肩が痛くなってしまったのか?

痛みの原因は体の歪みにある!?

どうして肩が痛くなってしまうのでしょうか?

首・肩には多くの筋肉があり、左右前後から支えています。

ですが、長時間のデスクワークや、姿勢の悪い恰好、重心のバランスの乱れ、日常動作などの負荷によって、筋肉のバランスが崩れてしまい、症状が出てきてしまいます。

その結果、首や肩にはたくさんの血管や神経が通っているので、首肩の筋肉が固くなるだけでなく、脳への酸素供給が滞り、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴りの等のたくさんの症状を引き起こす原因になることがあります。

 

■四十肩・五十肩の場合・・・

四十肩・五十肩と聞くと、その年代の方が鳴るひどい肩こりという症状だと考えている人もおられるのではないでしょうか?

正式名称は「肩関節周囲炎」といい、最近では30代、早い人では20代の方もなる可能性があります。

肩関節は構造上色々な方向から、筋肉が引っ張る形で安定していますが、周りの筋肉が緊張していると、バランスが保てなくなり、肩関節の部分が固まってしまいます。

この固まってひどくなった場合、「石灰化」といい、組織が癒着してしまっています。

肩があがらない、服を脱いだり来たりが困難になる、夜寝ると疼(うず)いて寝られないなど、私生活に悪影響が出ます。

 

■四十肩・五十肩のを治さずに放置すると・・・

四十肩・五十肩は治療をすると必ず治る症状です。

ですが、そのまま放置してしまうと、治るまでに3年もかかってしまうケースがあります。また、肩が動かないなど、体の一部が動かない事は、体をゆがませる原因の一つにもなります。

 

■はま鍼灸整骨院での四十肩・五十肩の治療

はま鍼灸整骨院では四十肩・五十肩の原因になっている筋肉にアプローチするだけでなく、肩関節にストレスを与えている体のゆがみをしっかりとただすことで治療を行います。

さらに、ゆがみをとっていることで、肩に負担がかからない状態をキープでき、四十肩・五十肩の再発を防ぐことが可能になります。